前へ
次へ

薬店で買う薬も医療費控除の対象になる

体の調子があまり芳しくない時には、ドラッグストアで薬を買う事もあります。
インフルエンザ程度なら、市販薬でも何とかなる事も多いので、そのお店で買っている方も少なくありません。
ところで、最近そのドラッグストアに関する税制が変更されました。
お店で販売されている薬によっては、医療費控除の対象になります。
その薬を買った時に限り、年度末の医療費控除で若干還付される訳です。
以前はその制度はなかったので、薬局から処方される薬のみ対象になっていましたが、最近は制度が変更された訳です。
ただしドラッグストアに対する薬が対象になるかどうかは、検査に左右されます。
指定の検査を受けていないと、その制度の対象になります。
例えば毎年に自治体から送られてくる健康診断を受けていない方は、対象外になってしまいます。
たとえお店で指定の薬を買った時でも、控除されません。
ですから医療に関する税金が気になる時は、きちんと健康診断は受けておく必要があります。

シニア層の方からご好評を頂いております
愛知県稲沢市で地域No1の歯医者を目指して対応しておりますので、ぜひご来院ください

栄 矯正

美しく健康的な歯を長く保ちたい
経験豊富な当院のスタッフによるインプラント治療をぜひ受けてみてください。

名古屋 矯正歯科

設立20周年の介護タクシー事業特別開業コース
事業成功しているモデルケースだからこそ、学べることがたくさんあります。

Page Top